大学院紹介

ホーム大学院紹介 > 研究科紹介

研究科紹介

情報化とグローバル化を背景に、めまぐるしく変化する現代社会を的確に分析し、商学・法学・経済学の高度な専門知識で地域社会に役立つプロフェッショナルを養成。社会人のリカレント(回帰)教育やリフレッシュ教育を重視し、セメスター制や昼夜開講制など、フレキシブルでだれもが学びやすい環境を提供します。

商学研究科

教育目標

経営学、商学及び会計学の理論的分野と実践的分野において、国際社会及び地域社会に貢献できる専門的な知識を備えるための教育研究を行い、グローバルな視野を持つ地域ビジネス・プロフェッショナルを養成する。

教育研究概要

商学研究科では、地域社会に貢献できるグローバルな視野を持つビジネス・プロフェッショナルの養成をします。一人ひとりの個性をいかしながら情報化や国際化など、様々な変化への理解力と分析力、そして的確な問題解決力を養います。具体的には商業活動の専門家やビジネス経営の戦略家、あるいは高度専門職業人(公認会計士・税理士・中小企業診断士等)の育成に努めます。

開講科目例

商業学, 経営学, 流通システム論, 地域振興論,会計学, 管理会計論

法学研究科

教育目標

法学に関する専門的・実践的な教育研究を行い、これにより企業法務の担い手たる人材、あるいは税理士など高度に専門性を備えた人材を育成するために必要な能力を養成する。

教育研究概要

法学研究科では、建学の精神にのっとり、社会の動向に沿ったカリキュラムを導入し、法的分析によって諸問題を解決できる高度な法律専門知識を備えた人材の育成をめざしており、また、社会人の修学にも配慮しています。とりわけ、本研究科の修了者の多くが税理士として活躍しています。さらには、専門職業人養成の一環として、「税理士特設講座」および「行政書士特設講座」を開設し、現役の税理士および行政書士のスキルアップを図っています。

開講科目例

税法、労働法、憲法、行政法、医事法

経済学研究科

教育目標

教育学に関する理論的・実証的な教育研究を行い、これにより総合的実践的能力を体得した地域経済・プロフェッショナルを養成する。

教育研究概要

経済学研究科では、

  1. 地域経済の様々な現象を実践的に分析できる。
  2. 諸問題を解決する政策を立案できる。
  3. 地域経済の今後を理論的な裏付けを基に予測できる。

そうした能力を駆使できる、地域経済のプロフェッショナルの養成を目指しています。高度な専門的知識の上に実践的な応用力を習得させるために、経済学の主要分野に地域経済政策を加えた独自のカリキュラムを導入しています。

開講科目例

経済原論, 国際経済学, 経済政策, 地域経済論

このページのトップへ