経営学部・経営学科

ホーム学部紹介経営学部・経営学科 > 学科コンセプト

経営学科の学習体系

経営学科における学習体系

3つのコース

経営学科では3つのコースがあります。各コースの教育目標は下記の通りです。

経営コース
現実の経営における問題発見能力と問題解決能力の育成
情報コース
情報通信技術にビジネスの視点から積極的に関わっていける人材の育成
会計コース
会計学を通じて社会のしくみを把握できる人材の育成

経営学科におけるコースとは、自分が中心に勉強したいと思っている分野のことです。どれかひとつのコースを選べば、その分野の勉強しかできないということではありません。

このページのトップへ

経営コース

現実の経営における問題発見能力と問題解決能力を育成

経営は、商店の店主、中小企業や大企業の経営者、行政の管理職のみならず、それぞれの組織の構成員の判断、意志決定によっておこなわれています。経営コースは、学生諸君が将来どのような立場になっても経営的視点から仕事ができるように、経営に関する基礎知識としての経営戦略や組織のあり方、その効率・有効性への影響について学修できるコースです。

経営コースでは、商品・サービスを提供するための、生産システム、資金調達、人材活用に関する知識を講義や演習・実地調査を通して学修し、さらに、情報コース、会計コースの知識も合わせて、現実の経営における問題点発見能力と問題解決能力を身に付けることができます。

激しく変化する社会にあって、企業等組織の経営とは、経営資源(人,もの,カネ,情報)を顧客・消費者、従業員、投資家・株主、地域社会(まとめて「ステークホルダー」という)が満足するように、環境変化に対応して適切に配分・活用し組織的に運営管理することです。

経営コースでは、社会、組織の仕組みを理解し、管理運営や経営に積極的に関わっていける人材を、理論と実践の両面から育成します。

このページのトップへ

情報コース

情報通信技術にビジネスの視点から積極的に関わっていける人材を育成

現代は、「情報」や「知識」が経営革新への鍵となるような局面も見られる時代です。情報通信技術の革新が、これまでになかったビジネスを生み出し、これまでの常識を覆すようなビジネスチャンスを作り出せるかもしれません。

情報コースでは、次々に生み出される新たな情報技術に積極的にかかわっていけるような人材を、理論と実践の両面から育成していきます。

情報コースでは、学び研究した成果を社会で実践していくことで真に自分のものとする取り組みも行われています。企業との共同研究で、Webシステムや業務システムの構築・改良に関わったり、教員の研究成果をよりよい授業に結びつける工夫も行われています。

下の図は、Webを利用して発表者のスライド画面と音声を記録してサーバーから配信し、他の受講生がWebフォームに評価を入力するシステムです。学会でも発表されており、実際に授業でも使われています。

このページのトップへ

会計コース

会計学を通じて社会のしくみを把握できる人材を育成

近年、会計の知識の必要性はますます高まってきています。いまや会計は企業の経営者や税理士などの一部の人が知っていればよいというものではありません。営業・販売・生産などのスタッフや一般事務職などの、非常に多くの分野において、会計の知識をもつことが成功へのカギと考えられつつあるようです。

会計コースは会計学を通じて社会のしくみや出来事を把握する能力を養うとともに、本学卒業後に社会人として活動する際に必要な会計の知識の修得を目標としています。会計コースでは上記の目標を達成するために、会計の諸制度の内容と、その諸制度の背景にある考え方(会計理論など)を中心に学習していきます。

会計は下図のように、企業などの活動を一定のルールに基づいて記録し、その結果を一定期間ごとに報告するものです。企業はこの報告を法律などによって義務づけられているので、どのような企業でも会計の知識が必要です。また、企業以外の団体(官庁や病院など)でも、会計の知識は必要とされています。

このページのトップへ

学習サポート体制

学習内容決定へのサポート体制

一定レベル以上の簿記の資格を持っている場合など、経営学科が定めている条件を満たしている場合には、すでに高校で学習した内容の一部をスキップして、より高度な学習から始めることもできます。

このページのトップへ

経営学科のプログラム

経営学科で学習する内容は、例えば、会社に勤めたい人や公務員になりたい人、あるいはスポーツクラブの運営に携わりたい人など、多様な職業や進路に進むことを希望している人たちに役立つ内容です。

経営学科では、多くの人が希望する将来の進路や目標を想定し、その進路等を目指すために最低限勉強する方が望ましい講義科目をプログラム形式で提案しています。みなさんは、それを参考にして自分の学習内容を決めることができます。

自分の目標にあったプログラムが無い場合には、あなたにあったプログラムを提案しますので担当教員等に相談してください。

このページのトップへ