経営学部・経営学科

ホーム学部紹介経営学部・経営学科 > 学科紹介

一般に、「経営学」の対象は、いろいろな組織の運営全般に関わる事柄です。したがって経営学科で学ぶ内容は、企業経営に関することだけではありません。組織で働く人に関すること、組織運営の方向性を決定するための各種情報の活用に関すること、組織を動かすためのエネルギー源ともいえる資金に関することが含まれます。これらの内容は、経営学、情報科学、会計学の各分野に分類することができます。経営学科では、まずその基本をしっかりと身につけてもらうために、3分野の基本となる科目を全員が学習します。次に各自が特に深く学びたい分野を経営コース、情報コース、会計コースの中から選んで学習していきます。そして、3年次では、自分のコースの研究演習を選択し、より専門的な学習を行ないます。それぞれのコースの研究演習を効果的に学習していくために必要とされる科目が、各コースによって指定されています。経営学科の学生の皆さんは、どのコースを自分の専門分野として学びたいかを決め、それに合わせて勉強を進めてください。

経営学の分野では問題の分析とその解決方法を作り出すということが要求されます。筋道を立てて考え、答えを出す能力、即ち「考える力」は、経営学に限らず、あらゆる場面に通ずることです。経営学科では専門科目と教養科目を有機的に連携させて学習することにより、「考える力」を身につけ、バランスの良い人間を形成していくことを目指しています。

経営学科の教育目標

経営学科が教育目標とする人物像は下記の通りです

経営、会計、情報に係わる知識を、社会、
とりわけ企業という組織で総合的に活用できる能力を備えた人材

このページのトップへ

期待される学習成果

経営学科で学習することで、つぎのような学習成果が期待できます

経営学、会計学、情報科学の基礎知識を偏ることなく習得した上で、
自らの進む専門分野に関する能力を高めることができる

このページのトップへ

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方式)

本学では「建学の精神」および「教育理念」に基づき、下記のような知能・技能、態度・志向性を身につけた学生に「学士」の学位を授与しています。

岡山商科大学「学士」認定基準

社会事象を的確に捉え、分析し、創造的に問題解決することができ、かつ心豊かさ(文化的知性)をみにつけていること。

学士(経営学)の認定基準

社会、とりわけ企業という組織の中で創造的に貢献できる能力を身につけていること。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)(抜粋)

ディプロマ・ポリシーを達成するため、以下の3つを教育課程編成の基本方針としています。

  1. 「社会事象を的確に捉える」ための幅広い学習機会の提供
  2. 「社会事象を分析し、解決できる能力を備える」ための専門学術を振興
  3. 「心豊かな人材」であるために、社会での役割を認識し、 それに積極的に取り組む機会の提供

※カリキュラムポリシーの詳細については別途説明しますので、お問い合わせください。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

経営学科では、このような人を求めています。

  • 社会や組織の仕組みや問題点などに積極的・自発的に取り組んでいける人
  • 経営・情報・会計などに関心を持ちコミュニケーション能力のさらなる向上を目指す人

このページのトップへ

本学の教育理念と経営学科

岡山商科大学の教育理念と経営学科の学習体系との関係

経営学科の学習体系のポイント
  • 社会人として活躍するために必要な知識を基礎から勉強できます。
  • あなたの将来の目標に応じた自分だけの時間割に基づいて学習できます。
  • 4年間、あなたが相談できる担当教員が必ずいます。
  • 学生生活に関するアドバイスや手助けを随時受けることができます。

経営学科はこのような学習体系が経営学科の教育目標の達成に役立ち、ひいては「社会事象を的確に捉え、分析し、解決する能力を備えた心豊かな人材の育成」という 岡山商科大学の教育理念の実現につながると考えています。

このページのトップへ