1. TOP
  2. 地域・社会
  3. 科研費・共同研究・受託研究

科学研究費助成事業(科研費)

科学研究費補助⾦(科研費)とは、わが国の学術振興を図るため、あらゆる分野における独創的・先駆的研究の発展を⽬的とする⽂部科学省による研究助成費です。
社会科学系の本学からも、毎年多数の研究者が申請を⾏い、研究費の交付を受けています。

研究活動にかかる不正防⽌について

研究活動にかかる不正防⽌として、教職員倫理委員会規程や教職員倫理規程等、ルールを定めています。

岡⼭商科⼤学学則・規程等

公的研究費の不正使⽤防⽌について

公的研究費にかかる不正防⽌として、公的研究費等における間接経費に関する取り扱い⽅針や内部監査⼿順等、規程を定めています。

岡⼭商科⼤学学則・規程等

共同研究

共同研究とは、本学教員と⺠間企業等が、共通の課題について対等の⽴場で共に研究を⾏い、優れた研究成果を⽣み出すことを促進するための制度です。

共同研究実施企業等が負担する経費について

直接経費 消耗品の購⼊費、研究⽀援者の⼈件費、旅費、謝⾦等、共同研究に必要な経費。
間接経費 研究環境の整備、共同研究で創出される知的財産の管理運⽤、産学官連携活動の推進の充 実をはかるための経費。直接経費の10%。
企業等の負担額 「直接経費」+「間接経費」

共同研究の主な実績

産学官連携情報

受託研究

⺠間企業等から委託を受け、委託者の負担する経費により本学教員が研究を⾏い、その成果を委託者に報告する制度です。

受託研究実施企業等が負担する経費について

直接経費 消耗品の購⼊費、研究⽀援者の⼈件費、旅費、謝⾦等、共同研究に必要な経費。
間接経費 研究環境の整備、共同研究で創出される知的財産の管理運⽤、産学官連携活動の推進の充 実をはかるための経費。直接経費の10%。
企業等の負担額 「直接経費」+「間接経費」

受託研究の主な実績

産学官連携情報

共同研究・受託研究契約の⼿続きについて

⺠間企業等から委託を受け、委託者の負担する経費により本学教員が研究を⾏い、その成果を委託者に報告する制度です。

1. 共同研究・受託研究の申込みについて

  • 共同研究では、専⾨知識を持った研究者が、企業・団体の皆様と協⼒して研究を⾏います。
  • 受託研究では、研究者が皆様のご要望に応じた研究を⾏います。

2. お申込みの⼿続き・流れ

  1. お電話、電⼦メール等でご相談ください。皆様のご要望に応じた研究が可能かどうか、研究者とのマッチングを⾏います。
  2. マッチングを⾏った研究者と研究テーマ、研究内容、研究期間、研究の⽬標について⼗分な打ち合わせを⾏います。研究成果については、原則として公開となりますが、公開の範囲は予め話し合いを⾏います。
  3. 研究に必要な経費は、「直接経費」と「間接経費」となります。直接経費は、研究に必要な物品、資料及び出張旅費に充てられます。間接経費は研究費全体の概ね10%で、研究の管理に必要な経費として使⽤されます。
  4. マッチングを⾏った研究者と研究テーマ等について相談し、「共同研究申込書」⼜は「受託研究申込書」の必要事項を記⼊し、ご提出ください。
  5. ご提出いただいた共同研究申込書に基づき、共同研究契約書を作成いたします。
  6. 産学官連携センター運営委員会、学⻑決裁などを経て、契約を⾏います。契約完了後、所定の期間内に契約内容に基づく負担⾦を納付いただきます。
  7. 研究を開始いたします。

お申込み・ご相談等、お気軽にご連絡ください。

担当部署 岡⼭商科⼤学産学官連携センター
住所 〒700-8601
岡⼭市北区津島京町2丁⽬10-1
電話番号 086-252-0642(代)
FAX番号 086-255-6947
メールアドレス sangakukan@po.osu.ac.jp