1. TOP
  2. 学部・大学院
  3. 経営学部・経営学科

今、企業が今求めている人材とは、自発的に取り組む「自走型リーダー」です。経営学科は、就職活動までに、君たちを「リーダー候補」に育て上げます。そのため、一人ひとりの目標に合った教育プログラムを選択できる「きめ細かな教育」を行っています。

学びの特長

01

専門をものにできる3コース制

経営学科には、経営に必要とされる、経営コース、会計コース、情報・メディアコースを設けております。経営全般だけでなく、会計、情報メディアに関する科目に重心を置いて学ぶこともできます。

02

社長が教える「岡山経営者論」

経営者の「生の声」を聞くことができる講義。異なる地元企業のトップを複数招来し、現実の経営に即した「実践経営学」教えて頂きます。知識だけでなく、ビジネスのおもしろさも実感できます。

03

資格取得をサポート

会計士、税理士、高等学校教諭一種免許状(商業 / 情報)などの資格を取得できます。学生の要望に応じた柔軟なカリキュラムや、資格支援制度など商大独自の専門知識とノウハウでサポートします。

4年間の流れ

  • 1年次 1年生こそ真剣勝負

    社会で活躍するために求められる経営学、情報学(情報メディア含む)、会計学の基礎について学ぶ課程です。この一年間で、皆さんが将来に向けて何を学ぶべきかを決めてもらいます。「大学生活の計は1年生にあり」。1年生こそ真剣勝負。

  • 2年次 見極めの1年

    1年間の研究演習ゼミに配属となり、「専門の扉」を開き、「自分探し」を始めます。つまり、3年生以降、何を本格的に研究するのかを見極める1年となります。指導教員と相談しながら、自身のキャリアパスを選択してもらう課程でもあります。

  • 3年次 研究ゼミへの配置

    研究ゼミへの配属となります。経営、情報・メディア、会計の各コースに関するゼミを1つ選択し、3、4年生の2年間かけてゼミ教員の下で深く学びます。どのゼミであれ、仕事をする上で欠かせない思考力やコミュニケーション能力が磨かれます。

  • 4年次 成果を発揮する1年

    本学で学んだ成果を卒業論文(卒論)に発揮して頂きます。調べ、考え、書く、というハードルを超えた時、卒業を勝ち取る事ができます。「卒論なんか書いても仕事に役立たない」と考えていれば大間違い。この思考法と達成感は宝になります。

卒業

学部長からのメッセージ

なぜ、経営学科は就職率学内トップなのでしょうか。それは、企業が「経営」、「会計」、「情報」の理論を実践できる「二刀流」ならぬ「三刀流」を求めているからです。それも、自ら未来を切り開く「自走型リーダー」候補を。この学科に入学すれば4年後、自分でも驚くほど人として成長していることでしょう。