1. TOP
  2. 学部・大学院
  3. 経済学部・経済学科
  4. 学科・コース紹介

金融コース

経済理論を理解した金融分野で活躍できる人材を育成

「金融」とは、お金の余っているところから、足りないところへお金を回すことで、人体の血液循環に例えられます。お金に関係するあらゆる問題を扱い、日常生活において必要とされる金融リテラシーについても学んでいきます。さらに、経済理論をベースとして金融に関する知識を深め、変化の著しい金融の世界を渡っていける人材を育成します。

主要専門教育科目

金融機関就職モデル 金融論/国際金融論/地域金融論/金融政策/開発金融論/金融システム論/経済数学/金融特別演習/時系列データ分析/金融リテラシー講座・資産運用編 など

金融論では、お金に関係するあらゆる問題を扱います。そのため、この講義で扱う内容は私たちの日常生活に大きく関係し、皆さんにとって大変身近な学問であるといえるでしょう。講義では、金融政策や国際金融、金融システム、ファイナンスの面からそれぞれの基礎について学び、日本経済の現状について考えます。

経済理論・政策コース

現実社会に密着した課題を解決する政策プロを育成

現在の経済に密着した基本的な仕組みや政策をベースとしながら、生活者の視点から「生きた経済」を学びます。「政策」とは、実現可能な目標を設定し、それを実現するための手段を策定し、実行することです。身近に起きている具体的な経済問題を取り上げ、それを分析し、その対応策を「自分の頭で考える力」を養成します。さらに、資格取得や大学院への進学を準備しています。

主要専門教育科目

企業就職モデル ミクロ経済学/マクロ経済学/計量経済学/経済史概論/日本経済論/統計学総論/経済政策/社会政策/地域政策/財政政策/金融政策など
公務員・大学院進学モデル ミクロ経済学/マクロ経済学/計量経済学/労働経済学/国際経済学/環境経済学/農業経済学/産業組織論/財政政策/ERE演習など

私たちは日常生活の中でさまざまな選択を行っています。なぜなら、私たちの欲望には限りがないのに対して、それらすべての欲望を満たすだけの資源が与えられていないためです。ミクロ経済学では、このような人間の選択行動がどのようになされるか、また、個々人の選択が市場という「場」でどのように調整されるかについて学びます。

データ分析コース

データにより経済動向を理解できる人材の育成

「データ分析」とは、経済データに対して分析を行い、経済動向についての知見を得ることです。具体的には、実際に経済学者が研究で用いる計量経済分析や時系列分析などの手法を習得することができます。経済データを理解するための経済学と、データ分析ツールとしてのコンピュータ活用能力を身につけた人材を育成します。また、カリキュラムに従って履修することにより「社会調査士」の資格を取得できることもメリットの1つです。

主要専門教育科目

情報サービス就職モデル 統計学総論/経済データ分析/計量経済学/計量経済分析/経済シミュレーション/地方財政分析/時系列データ分析/岡山経済分析/市場調査論など

因果関係というのは「原因」と「結果」の関係ということですが、因果関係を分析することは、実はとても大切です。例えば、景気が悪くなった(結果)とき、何が原因かがわからないと対策をとり辛いですよね。この因果関係を分析する学問が「計量経済学」です。これを使えば、例えば、警察官が何人増えれば、何件の犯罪が減るかといったような定量分析が可能となるのです。

特別選抜プログラム

アドヴァンスト・クラス

難関大学院への合格を目指す!

このプログラムに参加した数多くの学生が、東京大学・一橋大学・大阪大学・神戸大学などの難関大学院に合格しています。また、これまでの経済学検定試験(EREミクロ・マクロ)でも、ランクS(偏差値73以上)を獲得した学生が複数名います。
向学心旺盛で、目的意識が明確な学生を対象として、より高度な経済学の修得を目的としたアドヴァンスト・クラス(特別選抜クラス)が設けられ、その講義科目が特別演習です。特別演習の受講生は、大学院への進学、公務員試験、EREの受験を目指しています。

金融特別演習

金融機関への就職に必要な知識・コミュニケーション能力を学ぶ!

金融機関への就職を目指す学生を対象とした少人数のゼミです。金融機関の業界分析をして、近年の経済事情について深く学びます。実際に金融機関から外部講師をお呼びし、現場からの話を伺います。このゼミで重視していることは、次の3点です。第1に、「働く」とは何か、人生の中での「働く」ことの意味をしっかりと自分の頭で考えられるようになることです。第2に、コミュニケーション能力などの「人間力」を高めることです。第3に、当然のことながら、金融一般知識の強化です。

新入生育成プログラム(少人数教育)

新入生合宿

入学してすぐに切磋琢磨し合える友達に出会う

入学した後、経済学部の教員と2年生で企画する「新入生合宿」に参加することができます。泊りがけの行事であり、経済学の基礎や大学生としての心構えを学んだり、チーム対抗でプレゼン能力を養うイベントなど盛りだくさん。4年間を共にできる友人にきっと出会える!

数学演習

就職活動や経済学に必要な基礎的な数学の知識を習得

就職活動で必要となる基礎的な数学力の向上を図るとともに、経済学を習得するにあたって必要な数学の知識を習得します。数学が苦手であっても大丈夫。少人数クラスで教員が一人一人に対し丁寧にフォーローしていきます。

経済学演習

経済学の基礎を少人数クラスで徹底的に学ぶ

経済学部では少人数クラスで経済学の基礎を学ぶことができます。2年生からはミクロ経済学やマクロ経済学、計量経済学など様々な専門科目を学んでいきます。それらの基礎となる経済学を1年生のうちからしっかりと学んでいきます。