1. TOP
  2. 学部・大学院
  3. 法学部・法学科
  4. 学科・コース紹介

公務員コース

法学部には、法を学び、地域社会の安全や発展に貢献したいという高い志を持つ学生が集まっています。こうした学生を伸ばすことが本学部の一つの使命だと考えます。公務員コースは、一般行政職の公務員のほか、警察官・消防官など公安職の公務員を目指す学生向けのコースです。公務員となるために必要となる法律知識を身につけるだけでなく、法の基礎にある「正義」についての感覚を磨きます。

一般行政職モデル一般行政職、特に国家一般職、地方上級程度をめざすモデル

警察・消防モデル警察官、消防官をめざすモデル

法曹特別プログラム法科大学院進学をめざす特別プログラム

主要専門教育科目

1年次 2年次 3・4年次
一般行政職モデル 憲法Ⅰ・Ⅱ
民法概説
政治学Ⅰ・Ⅱ
行政法Ⅰ・Ⅱ
行政法Ⅲ・Ⅳ
民法総則
警察・消防 モデル 刑法Ⅰ・Ⅱ
法律学入門
刑法Ⅲ・Ⅳ
刑事訴訟法Ⅰ・ⅡI
現代刑事法
刑事政策

憲法は国の基本的なルールであり、また、最高位の法でもあり、すべての法の基礎となるものです。したがって、憲法を知ることは法律を学ぶうえでの出発点であり、憲法の具体化に関わる公務員には必須の知識でもあります。講義では、具体的な事例を取りあげながら解説します。

学問としての行政法とは、行政の活動によって国民の権利や自由が不当に侵害されないように、また行政が国民の幸福のために、適切に権限を行使するよう、そして万一国民が不当に権利や自由を侵害されたときに、それを救済するための法体系をいいます。公務員を目指す人には、必須の法律科目です。

刑法とは、たとえば生命や財産や公共の安全などの、国民にとって重要な利益を守るため、国家がそのような利益を侵害した者(犯罪をおかした人)を処罰することについて定めたものです。どんな行為が犯罪にあたるのか、条文をどう解釈するべきかの考え方を学びます。

目指す職業・進路

一般行政職モデル 国家公務員・地方公務員(一般事務職)
警察・消防モデル 警察官、消防官、刑務官、自衛官
法曹特別プログラム 法科大学院に進学後、弁護士、裁判官、検察官

企業コース

現代の企業社会では「法令等の遵守(コンプライアンス)」が強く求められており、基礎的な法的知識と法的感覚を身につけていることがビジネスパーソンの必須条件となりつつあります。企業コースは、経営学部や経済学部も有する社会科学系総合大学である岡山商科大学の強みを活かして、法律を中心に広く社会科学を学び、法的知識を中核とした総合的能力を持つワンランク上の企業人を目指す学生向けのコースです。

企業経営+法学モデル法律の素養を持つ企業経営者や起業家を育成するモデル

金融+法学モデル金融関係や企業財務に特化したビジネスパーソンを育成するモデル

企業取引+法学モデル契約や債権回収、労務に強いビジネスパーソンを育成するモデル

主要専門教育科目

1年次 2年次 3・4年次
企業経営+法学モデル 法律学入門
民法概説
会社法概説
雇用社会と法Ⅰ・Ⅱ
会計学Ⅰ・Ⅱ
競争政策と法
金融+法学モデル 法律学入門
民法概説
FP概論Ⅰ・Ⅱ
担保物権
税法Ⅰ・Ⅱ
金融商品取引法Ⅰ・Ⅱ
企業取引+法学モデル 法律学入門
民法概説
契約法
日本経済論Ⅰ・Ⅱ
債権総論
商法総則・商行為

日本には現在約50種類の税金があり、国や地方自治体にとって最も重要な収入源です。税金は、国民や企業からみると大きなコストになりますが、どのようなルールや法律に基づいて課税されるのかということについては、あまり知られていません。税金についてのルールを定める税法について学び、賢い納税者になりましょう。

商法とは、商売(=金儲け)や、そのプレイヤーである企業に関する法です。本学では、企業のなかでも最もよく利用されている「会社」の組織や運営について定める会社法を中心に、主に上場会社などが発行する株式や債券などの取引のルールである金融商品取引法のほか、商法総則・商行為や手形小切手法といった科目で商法を学びます。

目指す職業・進路

企業経営+法学モデル 法律の素養を持つ将来の企業経営者や起業家
金融+法学モデル 法律の素養を持つ金融・財務関係のビジネスパーソン
企業取引+法学モデル 契約や債権回収、労務に強いビジネスパーソン