1. TOP
  2. 学部・大学院
  3. 大学院
  4. 法学研究科

教育目標

法学に関する専門的・実践的な教育研究を行い、企業法務の担い手や税理士など、高度な専門性をそなえ、社会や情況の変化に即応できる人材の育成を目指し、そのために必要な能力を養成します。

教育概要

法学研究科では、建学の精神にのっとり、社会の動向に沿ったカリキュラムを導入し、実社会の諸問題を法的に分析・解決できる人材の育成を目指しています。社会人の学修にも配慮しており、本研究科の修了者の多くが税理士として活躍しています。さらに、専門職業人錬成の一環として「税理士特設講座」および「行政書士特設講座」を開設し、現役の税理士および行政書士のスキルアップを図っています。

開講科目例

開講科目としては、企業法務に関係の深い科目として、民法、商法、税法等、
企業法務の周辺たる社会の仕組みに深い関わりをもつ科目として、憲法、行政法、医事法等があります。

教員紹介